こんにちは、オーダーキッチンMOKのディレクターの齋藤です。

キッチンは住宅の中でも最も重要な場所になっています。

料理をするだけでなく家族や友人とのコミュニケーションの場でもあり、キッチンのデザインや機能は住まいの快適さや暮らしの質に大きく影響します。


そのようにいまや住宅にとても重要なキッチンですが、実際に工務店さんやリフォーム業者さんはあまりキッチンを重要視されていないところも見受けられます。

建築費が上がった昨今では安い価格設定では利益を削ることになったり、差別化もままならない中で契約で競合他社に負けてしまうことも考えられます。


そこで差別化の1つの提案として、オリジナルキッチンを作ってみられてはいかがでしょうか。

今回は、工務店やリノベーション会社がオリジナルキッチンを提供することによって、差別化を図ることができる理由を紹介します。

ブランドの差別化

オリジナルのキッチンは工務店のブランドを強化し、他の競合業者との差別化を図るのに役立ちます。

一般には大手のシステムキッチンを使われることがほとんどだと思いますが、それだと競合他社と仕様はほぼ同じになります。


お客様は予算は重要として、そのビルダーがどのような家を建ててくれるかとても興味があるはずです。

独自のデザインや品質の高い材料を使用したアイデンティティのある家にそったキッチンや洗面化粧台は、オリジナルブランドを確立した方が市場で有利な存在となります。

ブランドイメージの向上

オリジナルキッチンは他の競合業者が提供していない独自のデザインや特徴を持っているため、これを提供することで会社のブランドイメージを向上させることができます。

そして、住宅にマッチしたおしゃれで機能的なキッチンは、顧客に高品質の住宅やリノベーションサービスを提供するイメージを強化し、信頼性を高めることができます。

顧客満足度の向上

オリジナルキッチンは、その住宅のコンセプトにそったデザインであったり、顧客の要望や好みに合わせてデザインされるため、他の一般的なシステムキッチンよりも顧客の満足度を高めることができます。

顧客がキッチンに満足し、使いやすいと感じれば、その工務店の評判が向上し、リピート客や口コミによる新規顧客の獲得につながることなどが考えられます。

高付加価値と収益性の向上

オリジナルキッチンは一般的に高付加価値の製品であり、システムキッチンよりも高い価格で販売できる可能性があります。

これにより工務店の収益性が向上し、案件ごとの利益が実際に増加しています。

オリジナルキッチンづくりはどこに相談すればいいのか

MOKでは、住宅の差別化を望まれるハウスメーカー、地域ビルダー、リノベーション業者様にオリジナルキッチンの企画・OEM製造の相談をお受けしています。

年間着工棟数30棟以上の工務店がオリジナルキッチンにこだわることは、顧客満足度の向上、ブランドの差別化、収益性の向上といった点で有利である可能性があります。

以下にOEMキッチンの例を上げておきます。

シンプルインテリアな住宅の場合

・ハンドルレスのオリジナルキッチンのOEM
・キッチンの大きさ、扉の仕上げ、天板の色、機器を打合せによって決定します。


木質にこだわった住宅の場合

・突き板仕様のオリジナルキッチンのOEM
・キッチンの大きさ、材種、カラー、天板の色、機器など打合せによって決定します。



輸入住宅・洋風住宅の場合

・輸入キッチンデザイン框扉のオリジナルキッチンのOEM
・キッチンの大きさ、框の形状、扉の色、天板の色、機器を打合せによって決定します。


※価格は、年間予想棟数、仕様、納品エリアなどによって変わります。


MOK OEMキッチンの問い合わせ先

OEM オリジナルキッチンのご相談はこちらからご相談ください。


MOK(モック)
東京都港区南青山3-8-40 青山センタービル 2F
Tel : 03-5324-3937

まずはOEMキッチンについて相談してみる?